• ホーム
  • 性病治療薬とb型肝炎の治療と激越性うつ病について

性病治療薬とb型肝炎の治療と激越性うつ病について

2019年09月30日

激越性うつ病は初老のうつ病とされていて、女性の場合は更年期によるうつ症状の可能性が高く、男性の場合は仕事を定年したことによるうつ病であることが多いので激越性うつ病のことを定年性うつ病と呼ぶ場合もあります。
症状としては妄想的になり不安感や恐怖感が大きいので統合失調症と似ているとされていますが、激越性うつ病は真面目で几帳面で責任感が強い人がなりやすいので治療には長期間を要する場合があります。
b型肝炎は感染力が非常に高いウイルスで肝臓の細胞が壊れることで肝臓の働きが低下してしまいます。
慢性化するとb型肝炎から肝硬変や肝臓がんに進行するリスクもあるので、病院で臨床診断と血液検査を受けてb型肝炎の早期発見をすることが重要になります。

リスクが高い人としてはアジアやアフリカなどの海外旅行を良くする人やセックスパートナーが多い人などがありますが、世界的にも感染者が多いとされる病気なので、日本でも130万人以上が感染しているとされています。
性病治療薬は細菌性の性感染症の場合は抗生物質が投与されますが、ウイルス性の性感染症の場合は性病治療薬として抗がん剤などが投与される場合があります。
細菌性の感染症は性病治療薬を投与すると症状が治癒するのですが、ウイルス性の感染症は一時的に症状がなくなりますが、再発することが多いので何度も同じ治療をしなければならない場合があります。
クラミジアなどの場合は細菌性の感染症なので抗生剤を1回投与するだけで治療が完了しますが、ヘルペスなどの場合はウイルス性の感染症なので薬を投与するすることで症状を改善しますが、再発の可能性が非常に高いので体調管理を十分にしなければなりません。