• ホーム
  • 性病治療薬や検査キットの具体的な購入金額について

性病治療薬や検査キットの具体的な購入金額について

2019年05月27日
危険なウィルス

性病治療薬やその検査キット、日本では一般的に病院、医療機関を受診しなければ購入することができません。
というより、日本の場合は検査をするにも医師の判断のもとそのキットが使われることになるので、利用の際はどうしても医師の診察を受ける必要があるのです。

とはいえ、性病はあまり知られたくないものですし、もしも自分がそうであったとしても病院に通っているところを誰かに見られることに抵抗を感じる人もいるでしょう。
実際、性病かもしれないと感じていてもそれが原因でなかなか医療機関を受診できないというケースも少なくなりません。

ですが、最近では病院に行かなくても自分が性病かどうかを判断することができます。
それは個人で性病の検査キットを個人輸入する方法です。
個人輸入、つまり海外からその検査キットを購入するのです。
さらに、そこで何かしらの性病だと判断できた場合、性病治療薬を同時に個人輸入することもできます。
どうしても病院には行きたくない、少しでもその費用を抑えたいという場合には個人輸入という方法はおすすめです。
というのも、性病治療薬は日本の場合、医師の診察を受け、処方されてからでないと服用することができません。
薬を購入するのにも個人輸入するときより高く金額を払うことになるので、費用面でどうしても負担が大きくなってしまうのです。

もちろん、症状が悪化する前に治療を行うのが一番なのですが、少しでもその金額を抑えたいという人は、この方法を参考にするといいでしょう。
基本的に検査キットの金額は大体が2000前後とリーズナブルなものなので、誰でも気軽に購入することができます。
もしも性病でなかったとしてもそれで簡単に自分の状態を確認できるのですから、気になる人は一度チェックしてみてはどうでしょうか。